2012年08月27日

レイシックの現状

レイシック手術は強度の近視.遠視.乱視の最新治療法です。

しかしながら.目の角膜をけずって調整するということは.目のまえにメスが見えるわけで.不安と恐怖心があると思う。また、すべてOKとはいかないようです。

以前には、雑菌が目に入り炎症を起こし悪化したということもあったと聞いたこともありました。また、角膜を削ったとして年齢を重ねたとき、当然視力も変化してくるものであって再度治療が必要にならないかなということもあります。

最近のメディア等では、タレントの誰々も受けています、と目にしますが本当に必要な一般の人が受けられる様、保険適用だとか、もっと安価に出来る様になれば実績も増えていくと思います。安全且つ成果もあげられる手術を出来る眼科医も少ないように思います。

レイシックという手術方法をまだまだ知らない人も多いです。私の友人は費用がまだ高かったときに受けていました。そんなに知られてないときにです。

なぜかというと彼女の友達がお店出るのに眼鏡はやばいよといったから。いまでいうきゃば嬢のような店で働いていたのでいわれたらしいです。

その店でもいい客ついててわざわざ手術までうけなくても店のNO3くらいにははいっていたからいとおもっていたのですけどね。でも手術をしてから確実にあの彼女目当ての客増えたような気がします。
【関連する記事】
posted by レイシック at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288549902
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。